スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年 --月--日 --:--   コメントする(-)    スポンサー広告    このエントリーをはてなブックマークに追加   

とあるDQ1のRTAが凄すぎると話題に、まるでTASじゃねぇかww【SFC版:45:05】

SFC版です  結論:人間は凄い
今回紹介するのは、SFC版の『ドラゴンクエスト1・2』をRTAでクリアしたゲーム動画なのですがこれが凄い、何が凄いって、エミュレーターなどのツールでしか不可能に近い乱数調整を使ったプレイをRTAに取り入れていること、TASでもないのにメタルスライムが連続出現したり、かいしんのいちげきが連発したりとまるで人間じゃありません。クリアタイムは45分05秒です。

RTAとは?

RTAは、リアルタイムアタックの略称。通称タイムアタックというのは「ゲーム内で計測される時間をどれだけ短い状態でクリアするか」というものです(つまり、セーブやリセットを駆使して最良の結果を残しながら進める事が可能)。ですがこのRTAはゲームをクリアするまでの現実の所要時間が記録されます。



SFC版 DQ1RTA 0:45:05 (状況再現使用・解説あり) 2011年09月03日投稿作品

登録タグ

■人間やめましたシリーズ ■野生のTAS ■スタイリッシュノンストップアクションRPG



 人
(*゚-゚) 人力で乱数調整+RTAでそれを利用するとか何者なんだ・・・
  ̄
2011年 09月23日 22:18   コメントする(3)    これは凄い    このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連タグで記事を探すよ!

Loading


お気に入りサイト新着記事だよ!

最新記事だよ!

コメント欄

No.232

にげるで調整するやつでしょ?
名前:名無しさん@ニュース2ちゃん 投稿日:2011/09/24(土) 02:07

No.233

普通に楽しかったです
名前:名無しがあらわれた! 投稿日:2011/09/24(土) 13:02

No.234

状況再現使ってるだけじゃないの?
名前:名無しがあらわれた! 投稿日:2011/09/24(土) 18:49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。